履歴書

履歴書面接で自分をアピールできる自信のある人も、書類選考を確実に突破しなければならなりません。担当者が最初の見る応募者の情報は履歴書となります。書き方の基本を押さえ、担当者に会いたいと思わせる履歴書を作りましょう。 履歴書用紙PCなどでの作成も可能ですが、そのような履歴書を好まない企業もあるため、市販の用紙に手書きするのが基本。学歴欄より職歴欄が多い転職者用の履歴書用紙などもあるので、書きやすい用紙を選びましょう。 履歴書を書く際には

がポイントで、複数の応募先に同じ履歴書を送ったのでは意欲が伝わらないので、同業種の同職種に応募する場合でも、それぞれの応募先に合わせて履歴書を書きましょう。

各項目について

1. 日付
郵送する場合は投函日、持参する場合は持参日とし、元号で記入する。
2. 写真
文字よりも強い印象を与えます。暗い印象になりがちなスピード写真よりも、写真屋など、人の手による撮影の方が良い写真が撮れます。
3. 学歴
年度は元号で書きます。小中学校は卒業年月のみ、高校以上は入学と卒業の両方を書き、「同校同学科卒業」などの表記は使用しない方が良いでしょう。
4. 職歴
全ての入社・退社を記入します。キャリアがわかるように、会社の事業、所属部署、役職、簡単な業務内容を入れるとわかりやすい履歴書になります。
5. 免許・資格
今までに取得した資格を記入します。数が多い場合は業務につなげられるものを優先的に書き、現在勉強中のものや退社により抹消となった社内資格などを書いても良いですが、備考欄があればそこに書くようにすると、より見易くなるでしょう。
6. 志望動機
特に重視される項目。なぜその企業を選んだのかを具体的に記載します。大事な項目なので、将来性、安定性といった決まり文句は使わずに自分なりの言葉で書いた方が印象に残ります。

職務経歴書の書き方

職務経歴書は、今までどのような業務の経験があり、その中でどんなスキルが身につけ、何ができるのかをアピールする書類です。履歴書の延長ではなく、自分が応募先で何を出来るのかを伝える事が大切です。

職務経歴書用紙

職務経歴書の書式は自由で、既定の用紙はありません。履歴書を買うと付いてくる市販の用紙に手書きでも構いませんが、パソコンで作成したほうが編集しやすく、見やすいものできます。

職務経歴書に書くこと

今までの勤務先の所属部署と職位、関わった業務とその期間、得た専門知識・スキル、どんな評価を受けてきたかなどを具体的に書いていきます。 どこに重点を置いて書くのか大切です。応募先とのニーズに合わせてまとめるようにしましょう。

記載する項目

基本的な書式

書式が自由と言っても、一般的な書式はあり、その形でまとめると見やすいものができます。

代表的な書式は

・年代順に書く編年式
時系列で記載する書式。同一業務でのキャリアを積んだ人に向いています。
・職務内容を中心に書くキャリア式
分野ごとに経歴を記載する書式。複数分野で経験を積んだ人に向いています。

の二つに分かれます。

書くポイント

業務については具体的な内容と職位を記載し、実績については数値・社内報奨などを記載すると実力のアピールになります。 履歴書と職務経歴書の2つが揃って応募書類となります。自分の経歴・意欲が担当者にちゃんと伝わるのかを考え、履歴書・職務経歴書の双方をもう一度よく確認し、郵送の場合は添え状を付け、送付・提出しましょう。