転職の目的

まず、転職活動を始める前にしなければならないのは、何故転職を考えたのか、後悔のないようにじっくりと考えてみる事です。もう一度、自分のキャリアを見つめ直し、進むべき道をよく考えてみましょう。そうすれば、自然に道が開けて来るはずです。

転職情報の集め方

転職の場合は自ら求人情報を集め、応募先の選定をしなければなりません。その情報の集め方は色々あります。代表的な転職情報の媒体について、少し説明したいと思います。

・人材紹介会社

人材紹介会社は企業などが求める人材を探し、紹介する会社です。 登録者には希望に合った求人案件提案してくれます。 転職活動を進める際に各ポイントでのアドバイスや雇用条件の折衝も行ってもらえる。またキャリアアドバイザーに希望条件を伝えることで、雇用条件と希望条件とのミスマッチを減らせます。利用するメリットは非常に大きいでしょう。人材コンサルタントが直接情報を聞いてくることが多く、新聞や求人情報誌に掲載されない隠れた求人情報が豊富です。

・インターネット

インターネットを利用できる環境にある場合に、転職したいと考えたらインターネットで調べてみるのではないでしょうか?特定の業界の求人を集めたサイトや、人材紹介会社が持っている案件を掲載しているサイトなど、求人情報を掲載し、企業と直接コンタクトできるサイトなど、各サイトごとに違いがありますので、その違いを良く見極め、多くのサイトを見てまわり、自分に必要な情報がどのサイトで集められるか考えることが必要です。

・企業のWebサイト

企業のWebサイトには今後の事業展開や、経営方針などが掲載されていることが多く、書類作成などの際に役立つ情報となるでしょう。

・求人情報誌・新聞

インターネット環境以外では、まず思いつく求人情報誌と新聞です。新聞を見ていて、求人情報を偶然見て転職を考えることもあるでしょうし。情報量が多く、求人情報を比較し、求人の波や給与相場を知ることが出来ます。新聞は情報が新しいことがメリット。しかし情報量が少なく、情報を比較しにくいのが新聞の難点なので、他の情報源も活用するべきでしょう。

・会社四季報

普通の書店で購入が可能。企業の事業内容、詳細な業績などが掲載されています。

適職の探し方・転職先の選び方

選び方のポイントは、最初に立てた転職の目的と合致しているかどうか?です。転職する目的はなんだったか、それが満たされるのか?をよく考え、応募先との条件を見比べ、決定しましょう。労働時間が減るから・給与が良いからと安直な理由だけで決めてしまうと、本来の目的は果たせず、再び辞めたい・転職したいと思うことになります。妥協しても良い点、妥協できない点を書きとめて置くと間違いはなくなるかもしれません。