美しいモザイクの
バックギャモンボード



最古のゲーム



六角オセロの故郷
一勝地・かわせみ温泉


大人:400円
中学生以下:200円
回数券も有ります





矢印の出た駒をドラッグして動かします。動ける場所だったら白っぽく変色します。

 バックギャモン 1    キャット・ギャモン(BGM 付き) 

バックギャモン(京すごろく)のルール

バックギャモンは、二人で対戦するボードゲームです。
お互いサイコロを1コずつ振って、大きい目を出した方からスタートです。同じ目だったら、やり直し。

スタートのときの、駒の位置は決まっています。
右のサイコロを降り、15個の自分の駒の中から一つ選んで、右端のゴールを目指して移動させます。
敵は逆方向です。敵駒のゴールは右上です。 サイコロの目に従って駒を移動させます。
例えば目が「4」「2」なら、合わせて「6」ではなく、
どれかの駒を「4」動かし、さらにどれかの駒を「2」動かします。
一つの駒を2回移動させてもかまいません。その時も、あくまで「4」「2」とバラバラに動かします。
そして、相手より先に、自分の15コの駒全てをゴールさせれば勝ちになります。
ただし、ゴールできる条件は、駒が全てインナーボードにあることです。

バックギャモン (Backgammon) は基本的に二人で遊ぶボードゲームの一種で、盤上に置かれた各15個の駒すべてをゴールさせる早さを競う。バックギャモンは世界最古のボードゲームとされるテーブルズ(英語版)の一種である。日本には奈良時代(飛鳥時代との説もある)に伝来し、平安時代より雙六・盤双六の名で流行したが、その後賭博の一種として朝廷に禁止され、一度廃れている。


ルールの動画
敵のぼっち(一人ぼっち)の駒は取られて、中央に置かれ、振り出しからのスタートになります。
駒を取られた場合、その駒を場内に復帰させてからでないと、他の駒は一切動かせません。
駒が復帰することが不可能な場合、一回休みとなります。
■ 特別ルール

@ ゾロ目は倍(4回)動かせる。
A 敵駒が2個以上ある場所(ブロック)には、駒はを動かせない。

京すごろく(バックギャモン)の起源は、約5000年前の古代エジプト、メソポタミア文明の ”セネト””ウル”などと呼ばれるゲームであると言われています。日本にも、相当古くに交易により伝わり、持統天皇3年(689年)に禁令がでていることから、それより以前には、流行していたことが分かっています。(平城京ができたのが710年ですから、それよりも前には、流行していたことになります。すごいですね。)また、奈良の正倉院には数々の双六局(バックギャモンボード)が収められており、中でも”木画紫檀双六局”は有名です。

驚くべきことに、これらの古くからのすごろく(それに、世界中の古くからのバックギャモン)には、現在とほとんど変わらない特徴があり、基本的なルールについても現在まであまり変更がないと言われています。この様に、すごろく(バックギャモン)がその基本を何千年も変えずに受け継がれているのは、ひとえにそのゲームの面白さにあるといえるのではないでしょうか。

バックギャモンは、日本では馴染みが薄いですが、 世界で最も遊戯人口が多い伝統的なボードゲームです。その数は3億人と言われいます。


 フレンド掲示板    ゲーム掲示板 



  amazon   楽天   Yahoo! 


児童虐待は、近くの警察か児童相談所に、直ちに通報!

< 六角村 >


管理人にメール