大宮障がい者施設連絡会会則

 

(名称及び事務局)

第1条 この会の名称は、大宮障がい者施設連絡会(略称:大宮障施連)とし事務局を、

事務局長の所属する施設とする。

 

(目的)

第2条 この会は、障害福祉の向上と、障がい者が暮らしやすい地域社会づくりを目的とする。

 

(構成)

第3条 この会は、旧大宮地区内及び会の目的に賛同する障害者福祉施設を以て構成する。

 

(加盟・脱退)

第4条 加盟脱退に関しては、「大宮障がい者施設連絡会加入(脱退)届(以下、届)」を用いて、

以下のとおりとする。

加盟に関しては、届を提出してもらい定例会にて承認を行う。

脱退に関しては、届を提出してもらい定例会にて報告を行う。

 

(活動内容)

第5条 この会は、第2条の目的を達成するために以下の活動を行う。

会員施設間の情報交換・交流

職員等の研修

市民に対して障がい者への理解と共感を広げる活動

障害施策を向上させる活動

さいたま市障がい者施設連絡会の活動

その他、目的を達成するために必要な活動

 

(役員及び役員会)

第6条 この会に以下の役員をおく。

会  長 会長は会を代表し、会務を統括する。

会長を補佐し、会長に事故ある時は、その職務を代行する。

事務局長 事務局を統括し、会の日常業務・事業全般をとりまとめる。

事務局員 事務局長を補佐し、会の業務を担当する。

会  計 事業等における予算執行、会費等資産の管理を行う。

監  査 年1回以上の監査を行い、総会にて報告を行う。

  2 役員会は、全役会と3役会がある。

全役会は、総会前の資料確認や、会計監査などの処理を行う。

3役会は、会長・副会長・事務局長によって構成され、会の運営や活動に関すること、

定例会の議題決めなどを行う。3役会は必要に応じて随時開催される。

 

(総会)

第7条 総会は最高の議決機関であり、会員施設の担当者をもって構成する。

  2 定期総会は年1回以上開催し、会長が必要と認めた場合または会員施設の3分の2以上の

要請があった場合は臨時総会を開催することができる。

  3 総会は会員施設の3分の2以上(委任状含む)の出席をもって成立し、過半数をもって

可決する。可否同数の場合は会長の決するところとする。

  4 総会では以下のことを行う。

     役員の選出

     年間事業報告および決算報告(監査報告を含む)の承認

     年間事業計画および予算の承認

     会則の改正

     加盟・脱退の報告

     その他必要な事項

 

(定例会)

第8条 定例会では以下のことを行う。(各施設最低1名は参加)

情報交換

 年間事業計画に基づいてすすめられる事業の承認および報告

 加盟の承認及び脱退の報告

 事業担当を決める

 その他必要な事項

 

(会計)

第9条 この会の運営は、会費・寄付金・その他の収入によって行う。

  ◆,海硫颪硫餬廚蓮∨菁度4月1日にはじまり、翌年3月31日に終わる。

   この会の会費は、5,000円とする。その一部500円は

さいたま市障がい者施設連絡会(さい障施連)の会費として納める。

    原則として、毎年総会日までに納入する。

  ぁ‥喘翔会の場合は、前期・後期で会費を納める。

 

(附則)

10条 この会則は、平成13年8月7日から適用する。

  2 平成14年6月18日改訂。

  3 平成15年6月18日改訂。

  4 平成16年6月23日改訂。

  5 平成17年6月21日改訂。

  6 平成23年6月21日改訂。

  7 平成28年9月20日改訂。