石川達夫のホームページ Tatsuo Ishikawa's Homepage

Praha プラハ(チェコ)Санкт-Петербург サンクト・ペテルブルグ(ロシア):世界遺産

トップページ 自己紹介 授業案内 業績一覧 主な外部資金取得研究 
主著紹介 主な書評一覧 新刊案内 準備中の本 チェコ関係重要サイト・リンク集 
掲示板 チェコ語辞典プロジェクト チェコ語を学びたい方へ  スラヴ関係古書情報データベース


主著紹介


★『プラハのバロック――受難と復活のドラマ』(みすず書房)は、知られざるバロック芸術の宝庫プラハとチェコのバロックについての、日本で初めての本格的な研究です。チェコの劇的で複雑な歴史の襞に分け入り、豊富な図版・写真を用いながら、イタリア・バロックと異なるチェコ・バロックの特質を解明し、プラハ・バロック芸術の傑作を具体的 に分析しつつ、その隠された驚くべき深みに光を当てています。より詳しくはここを参照してください。




★『チェコ民族再生運動──多様性の擁 護、あるいは小民族の存在論』(岩波書店)は、大言語・大文化(ドイツ語・ドイツ文化)の圧倒的優勢のもとで衰退した小言語・小文化(チェコ語・チェコ文 化)を擁護し再生させた18世紀後半~19世紀前半の「チェコ民族再生運動」の全体像を明らかにすると共に、グローバリゼーションと大言語(英語)の優位 化と多様性の衰退が進む今日の世界における言語・文化・民族の存在の意味、多様性と個性を守ることの意味を問うた大部の研究です。より詳しくはここを参照してください。







『マサリクとチェコの精神――アイデン ティティと自律性を求めて』(成文社、サントリー学芸賞および木村彰一賞受賞)は、チェコを代表する思想家・政治家であり、チェコスロヴァキア独立の父に して初代大統領となったT・G・マサリクの思想を、チェコの精神史の中に位置づけ、今日の世界におけるマサリクの思想の意義も探りながら、特に彼の「人間性」と「民主主義」の理念について解明した本です。






『黄金のプラハ――幻想と現実の錬金 術』(平凡社選書)は、ヨーロッパのちょうど真ん中にあり、中世以来ヨーロッパの十字路として栄えてきた、ヨーロッパでも最も美しい町の一つ、プラハを、 チェコ文化論、ドイツ文化論、ユダヤ文化論を交え、豊富な図版を入れて描いた本です。