資料集 中国人強制連行朝鮮人強制連行教科書問題靖国問題日本軍「慰安婦」問題関東大震災朝鮮人中国人虐殺南京大虐殺
沖縄戦戦後責任在日朝鮮人
関東大震災朝鮮人・中国人虐殺事件 Issue#07

関東大震災人権救済申立事件調査報告書 日弁連


関東大震災80周年に関する会長談話 日弁連

埼玉県通達

証言「語る人 元本庄警察署新井巡査

独立新聞社の朝鮮人特派員報告

横浜方面から 鮮人三百人押寄す 爆弾を投じ掠奪をな

土管で生きた三万人 鮮人の恐るべき自白 逃れて来た罹災者の話(抜粋

爆音の実

九月十九日臨中第一四二号(憲兵隊の報告

非難の的となつた埼玉県当局の移牒

爆音の実情

みずす書房「現代史資料(6)関東大震災と朝鮮人」資料解説P-19より引用。

原典は(来馬琢道「一仏教徒の体験したる関東大震災」)

鷹嘴さんご提供 2007.09.05掲載

 

デマの元は次のようなものでした。(鷹嘴

 

悲しくなつて見ている中に、浅草の各興行物の家屋もどんどん焼けて、時にボーンボーンと大きな爆弾を投げたやうな音がきこえる。瓦斯管とか、建設用材の鉄管とかいふものが熱のために中の空気が膨張して爆発するのだろうと思つたが、この音が後に朝鮮人が爆弾を投げ込んだといひふらされた音である。若し真実さうだろうと思つている人が多いならば朝鮮人は余程迷惑を蒙ることであろう。竃の中に竹を一本入れて燃やしてもかなり酷い音がする。種々の設備のしてある家屋の焼ける時はこの位の音はいろいろの物から発するのである(来馬琢道「一仏教徒の体験したる関東大震災」)


Copyright (C) 2005 sengo-sekinin.com