資料集 中国人強制連行朝鮮人強制連行教科書問題靖国問題日本軍「慰安婦」問題関東大震災朝鮮人中国人虐殺南京大虐殺
沖縄戦戦後責任在日朝鮮人
関東大震災朝鮮人・中国人虐殺事件 Issue#07

関東大震災人権救済申立事件調査報告書 日弁連


関東大震災80周年に関する会長談話 日弁連

埼玉県通達

証言「語る人 元本庄警察署新井巡査

独立新聞社の朝鮮人特派員報告

横浜方面から 鮮人三百人押寄す 爆弾を投じ掠奪をな

土管で生きた三万人 鮮人の恐るべき自白 逃れて来た罹災者の話(抜粋

爆音の実

九月十九日臨中第一四二号(憲兵隊の報告

非難の的となつた埼玉県当局の移牒

非難の的となつた埼玉県当局の移牒文

みずす書房「現代史資料(6)関東大震災と朝鮮人」資料P-145より引用。

原典は河北新報 大正121020

鷹嘴さんご提供 2007.09.05掲載

 

「埼玉県通達文」に対し、「埼玉県当局が震災直後に管下各町村に向つて激烈な通牒を発し自警団の暴行を誘発」したと非難が集まったことを報じたのは以下の記事です。(鷹嘴

 

非難の的となつた埼玉県当局の移牒文

園部警察署長は愈々引責辞任するらしい

 

埼玉県当局が震災直後に管下各町村に向つて激烈な通牒を発し自警団の暴行を誘発し非難の的となつていることは既報の如くなるが右事件の公判は近く開廷されるので弁護の地位に立たんとする各弁護士は早くもこの点に着眼し材料蒐集に着手し問題の移牒文を最も有力なる材料としている。当時斯く長官が斯る誘引材料を自から撒いて置きながら自警団の続続検挙されるのを余所事のように見ている態度に憤慨しているものが多いが?に本庄助役が通牒を郡から接受した際一読その過激文句に驚き町内に触れ廻りその危険を感じ一度は握り潰そうとしたが『極秘急』の印があるので渋々ながら各区長に早駆け人夫を飛ばしたが今日に至り当時全然握り潰せばよかつたと後悔して居るという 本庄町民は助役の心事を多とすると同時にますます県の処置に憤慨している 斯かる非難の間に司法権の発動は容赦なく進められるのでこれ等総体的の責任の地位にある友部警察部長は深く感ずるところあり 事件紛糾以来辞表を懐にし事件落着と共に天下をして無警察の状態に陥らしめた責を引いて辞任する決心を固めているといふ。(埼玉電報)(河北新報 大正121020


Copyright (C) 2005 sengo-sekinin.com