一覧へ



 
  『ガイサンシーとその姉妹たち』班忠義(2007年)
  シグロ
2007
80分
長編ドキュメンタリー
ビデオ
カラー

制作: 山上徹二郎、班忠義
編集: 甘文輝、
ジャン・ユンカーマン
音楽演奏:盂県民間楽隊

URL: http://www.cine.co.jp/gaishanxi/index.html


☆上映日程はこちら!

山西省一の美人を意味する「蓋山西(ガイサンシー)」と呼ばれた、侯冬娥(コウトウガ)。

その呼び名は、彼女の容姿のことだけでなく、同じ境遇に置かれた幼い“姉妹たち”を、自らの身を挺してまで守ろうとした、彼女の優しい心根に対してつけられたものであり、その後の彼女の人生の悲惨を想ってのものだった。「蓋山西(ガイサンシー)」という名は、やがて山西省の人びとの間で、人間の尊厳を表す言葉となる。

この映画は、班忠義監督が9年の歳月をかけ、中国の大地に侯冬娥(コウトウガ)と、運命を同じくした女性たちの姿を追い続けたドキュメンタリーである。幼くして人生の全てを奪われた女性たちの現在の記録であり、同時に、私たちの明日に向けて語られる物語である。


解説 より


1992年、東京のある集会で日中戦争当時旧日本軍から性暴力を受けたという中国人女性の証言と身体に残された傷跡に、私は衝撃を受けた。日本人残留婦人との出会いから戦争問題に関心を持ってきた私は、95年国会での「不戦決議」の戦争認識に危機感を持ち、日中戦争の事実を知るため山西省の黄土高原に広がる貧しい農村に足を踏み入れた。しかし私の会いたかった「蓋山西(ガイサ ンシー)」と呼ばれた女性はすでに自ら命を絶ってこの世を去っていた。

それから10年、毎年山西省を訪れ、蓋山西と同じように性暴力を受けた女性達と関わっていく過程で、当時の体験を思い出す恐怖でときに体を震わせながら彼女達は一生懸命カメラを通して私に訴えはじめた。戦後も半世紀以上差別や貧困、病気、恐怖のために明らかに出来なかった自らの過去に彼女達ははじめて向き合い、怒り、悲しみ、悔しさを語った。その後取材を通して出会った元日本兵は、加害の事実に、ある方は淡々とある方は悔悟の涙を流して向き合ってくれた。

戦争体験を伝えること、国を越えてそれを共有することは戦後60年も過ぎて難しいことだ。しかしだからこそ二度と悲惨な戦争を繰り返さないために想像力を持ってお互いに歴史に向き合う、平和を守ろうとする人達とその共同作業を一緒にしていくのが20年近く日中を行き来してきた私に出来る事だと思っている。


監督から より

 
 みんなのレビュー (★五段階評価)
 
 Y.Rさん  (★★★★★)  2007/10/10

 映画を観た夏からだいぶ経ってしまったので、リアルな感想は書けないかもしれない。けれども途中から涙が止まらなかったことと、「慰安婦」問題について知っていた気になっていた自分が恥ずかしくなったことは、覚えている。
 映画は監督が直接ガイサンシーを撮ったものではない(彼女は監督と直接会うまえに自殺してしまう)。彼女を知る住民へのインタビューで主に構成されている。監督が彼らと同じ中国人だからかわからないが、映像がとらえる彼・彼女らの言葉や仕草は、あまりに飾り気が無く率直だ。それだけ直接に、日本軍性奴隷制被害者がなめた辛酸の大きさを、教えてくれるように思う。
 日本軍性奴隷制による被害は直接の被害だけで想像を絶する。けれども映画がつきつけているのは、むしろ、戦後に彼女らがどれほど辛い生を歩まざるを得なかったか、だった。詳しいことは割愛するが、彼女らは戦後生きるのがやっとだったのだ。そもそも、山西省が中国山間部の僻地であり、いわゆる開発から取り残されている(日本軍が侵略した当時の建物も残っているほど)。そして女性が一人で生きていくことは極めて困難だが、そのうえ日本軍性奴隷制被害者であることが周囲に知れ渡っている状況で偏見に苦しめられた。問題が過去でなく現在も被害が発生しているということを、よく教えてくれる。

   
このページのトップへ

Copyright (C) 2005 sengo-sekinin.com