横    須    賀    城    

【本丸南面】
別   名松尾城
所 在 地静岡県掛川市松尾町
築城年月天正6年(1578年)
築 城 者大須賀康高
主要城主大須賀氏・井上氏・西尾氏
城郭様式平山城
遺   構石垣・井戸

横須賀城は徳川家康の命によって大須賀康高が築城して初代城主となった城です

徳川方と武田方が高天神城をめぐり激しい攻防戦を繰り返しており、武田方の高天神城に対抗し武田の西方進出を押さえる目的で築城された

考察・感想
この城の特徴はふつうは一つしかない大手門が東西に二つあることとなんと言っても玉石の石垣でしょうか
どう見ても違和感一杯。なんじゃこりゃって思いますよ
駐車場
公園周辺の駐車場を利用
目標物 
横須賀城跡公園
アクセス
JR東海道本線「袋井駅」下車、静鉄バス3番「秋葉中遠線」横須賀車庫行で「七軒町」下車
西大手門です 西櫓跡です

外堀です 米蔵跡です

天守台です 本丸跡土杭群です

城址碑です 本丸南下門です

三日月堀です 本丸南下の石垣です

北の丸と本丸です 松尾山です。城郭の一番東にあり築城当時はこの付近が本丸であったといわれている

東大手門跡です 外堀です

撰要寺に移築された不開門です 不開門跡です

撰要寺にある城主大須賀家墓です

ホーム   バック