高    田    城    

【復元三重櫓】
別   名鮫ヶ城・高陽城・関城・螺城
所 在 地新潟県上越市本城町
築城年月慶長19年(1614年)
築 城 者松平忠輝
主要城主松平氏・榊原氏
城郭様式平城
遺   構復元三重櫓・土塁・水堀

高田城は徳川家康の6男松平忠輝が築いた城です

築城は幕府の命による国役普請で仙台藩主伊達政宗ら13大名によって行われた

元和2年(1616年)忠輝は大阪夏の陣に遅参、その後不遜な行動が多いとして伊勢に流され、代わって酒井家次が城主となり以後結城氏・稲葉氏・戸田氏・久松氏が城主となった

寛保元年(1741年)榊原政純が15万石で入封し明治を迎えた

考察・感想
本丸土塁の上に三重櫓が復元されています。入城券は向い側の案内所で購入となってます
櫓台らしき遺構がありますが、説明用看板がないため ?ですね。これだけの城址ならもっと説明が欲しかった
駐車場
高田公園無料駐車場
目標物  高田城地図
高田公園
アクセス
国道18号を新井市から上越方面に進み交差点「鴨島」を左折し県道38号に入りそのまま進むと城址です
復元三重櫓です 本丸です。石を用いず2ヶ所の内桝形門と1ヶ所の内カギ形門を挟んだ囲み土塁となっている

極楽橋と水堀です 鳥瞰図です

ホーム   バック