雑    太    城    

【看 板】
別   名竹田城
所 在 地新潟県佐渡市真野町竹田
築城年月天文年間
築 城 者本間氏
主要城主本間氏
城郭様式平山城
遺   構土塁・空堀

雑太城は三郭から成っている城です

天正17年(1589年)越後上杉景勝の佐渡支配により城は廃止され上杉氏代官直江兼続によって城地は妙宣寺に与えられた

考察・感想
現在は妙宣寺となっています
土塁がしっかり残っています
目標物
妙宣寺
土塁です 空堀です

仁王門です。延宝5年(1677年)で当寺最古の建造物です 五重塔です

日野資朝の墓です 本堂です。文久3年(1863年)再建で佐渡島内最大の堂宇です

庫裡です。文久2年に再建(1862年)された 隠れ松です。父を訪ねに佐渡に渡った日野資朝の子阿新丸は父にも会わせず父を斬った城主本間山城入道を恨んで山城を刺そうとしたが失敗しこの松に隠れ追ってを逃れたといわれている

ホーム   バック