義    仲    城    

【 碑 】
別   名
所 在 地 長野県木曾郡日義村
築城年月不明
築 城 者 源氏
主要城主源氏
城郭様式平城
遺   構碑・松

幼名を駒王丸と名付けられた義仲は養父中原兼遠によって育てられた

義仲はこのあたりの平地に城を築き八幡宮を祭ったと伝えられている

治承4年(1180年)1千騎を従え平家打倒の旗揚げをし、以後旗挙八幡宮とも呼ばれる

考察・感想
近くにある義仲館とセットでみられるのがいいでしょう
城としての遺構は何も残っていません
駐車場
無料駐車場有
目標物
旗挙八幡宮
旗挙八幡宮です 義仲ゆかりの大欅です。義仲の元服を祝って植えられたものともいわれている

ホーム   バック