比  企  能  員  屋  敷  

【山 門】
別   名
所 在 地神奈川県鎌倉市大町
築城年月不明
築 城 者比企能員
主要城主比企氏
城郭様式
遺   構

源頼朝の重臣比企能員の屋敷跡です

能員の娘は2代将軍頼家の妻若狭局で嫡男一幡を生んだが比企氏の勢力増大を恐れた北条時政のため建仁3年(1203年)9月比企の乱が起こり比企一族100名が謀殺された

この屋敷跡には能員末子能本が一族を弔うため文応元年(1260年)に妙本寺を創建した

考察・感想
比企一族の墓は本堂の右側の山際にあり、四基の石塔が並んであります
駐車場
目標物
妙本寺
比企一族の墓

ホーム   バック