越   前   大   野   城   

【模擬天守閣】
別   名亀山城
所 在 地福井県大野市城町
築城年月天正3年(1575年)
築 城 者金森長近
主要城主金森氏・土井氏
城郭様式平山城
遺   構模擬天守閣・本丸・堀・石垣


越前大野城は標高250mの亀山に築かれた城です

天正3年(1575年)織田信長は一向一揆が支配していた大野郡を金森長近と原政茂に平定させ大野郡の3分の2を金森氏に3分の1を原氏に与えた

長近は朝倉景鏡の居城戌山城に入ったが、山城を捨て、亀山に新城を築いた

その後長近は飛騨に転封となり、青木氏・織田氏等度々城主は交代した

江戸初期には松平氏、天和2年(1682年)には土井利房が入封し廃藩まで土井氏が城主を務めた

望楼付き2層3階の大天守と2層2階の小天守、天狗櫓等があった

考察・感想
雨の中の進軍となりました。折りたたみ傘では小さく雨が気になりゆっくり見れなかった
天守閣の入口が裏というのも珍しいですね。最初無いかと思いました
駐車場
無料駐車場有
目標物  越前大野城地図
戌山城
本丸城門跡です 武者登りです

天狗化蔵跡です 武器櫓跡です

城址碑です 長近像です

権現宮跡です お福池です

石垣です 階段です

門跡?か 門(旧裁判所の門)です

全景です 鳥瞰図です

ホーム   バック