上    野    山    城    

【城 址】
別   名八王子城
所 在 地和歌山県田辺市元町
築城年月南北朝時代
築 城 者湯川氏
主要城主湯川氏
城郭様式丘城
遺   構城址

上野山城は会津川東岸に丘陵の一角に築かれた城です

正確な位置は不明で八立稲神社付近であったと推定されています

ここに最初に築城したのは湯川氏で八王子城と言われた

秀吉の紀州統一後秀吉の弟秀長の領地となりこの地を秀長の民、杉若越後守が泊城に入城し、天正18年(1590年)杉若越後守は泊城を廃城し上野山に移した

慶長5年(1600年)の関ケ原の戦い後浅野幸長が37万石で入国し、上野山には浅野左衛門氏定が入城したが城を海辺に近い洲崎に城を築いたが暴風雨により流失し、洲崎に再建せず会津川口東岸に移った

考察・感想
城址が八立稲神社となっていますが遺構は何も残っていません
駐車場
目標物
八立稲神社
本殿です

ホーム  バック