田    辺    城    

【水門跡】
別   名錦水城
所 在 地和歌山県田辺市上屋敷
築城年月慶長11年(1606年)
築 城 者浅野左衛門佐氏重
主要城主浅野氏・安藤氏
城郭様式平城
遺   構水門跡・石垣

田辺城は関ケ原の戦い後紀伊国に入国した浅野幸長の執政、浅野左衛門佐氏重によって会津川左岸河口に築かれた城です

元和5年(1619年)紀州藩主徳川頼宜の附家老、安藤帯刀直次が田辺領主となった

明治3年(1870年)田辺城は廃城となった

考察・感想
カトリック教会に段溝があります。それ以外は何も残っていません
駐車場
錦水公園付近に路駐
目標物
錦水公園
水門跡付近石垣です 全景です

ホーム  バック