玉  造  要  害  山  城  

【一の平】
別   名湯ノ城・玉造城
所 在 地島根県松江市玉湯町玉造字宮の上
築城年月元弘2年(1332年)
築 城 者諏訪部扶重
主要城主堀尾氏・松平氏
城郭様式山城
遺   構郭・井戸・空堀

玉造要害山城は標高108半独立丘陵に築かれた城です

湯庄留守職諏訪部扶重が最初に築いた城で、その後出雲国守護代佐々木予守秀貞がさらに改修・増築した

その後湯庄支配の本拠地として湯氏が代々居城した

考察・感想
玉造湯神社の背後にある山が城跡です
いろいろ遺構が残っておりなかなか見所があります
駐車場
玉造湯神社駐車場(無料)
目標物  玉造要害山城地図
玉造湯神社
井戸です 空堀です

土塁です 二の平です

三の平です

ホーム  バック