清    水    山    城    

【主郭と礎石】
別   名日高山城・比叡谷山城
所 在 地滋賀県高島市新旭町安井川
築城年月嘉禎元年(1235年)
築 城 者佐々木高信
主要城主佐々木氏
城郭様式山城
遺   構礎石・主郭・畝状竪堀

清水山城は西佐々木氏と呼称される高嶋氏の本城と言われて標高210m、比高115mの山に築かれています

丘陵の最も高い所に築かれた主郭を中心に南東、北西、南西の三方に伸びる屋根上に階段状に曲輪を配置した放射状連郭式の山城です

清水山遺跡には城主、一族衆、家臣などの屋敷跡があり土塁で仕切られている

考察・感想
行きは整備された林道を通り帰りは旧山道を歩いて降りるといろいろな遺構が発見できます
林道は整備されているので歩き易いです
駐車場
森林スポーツ公園(無料駐車場)
目標物
森林スポーツ公園
看板です 清水山遺跡案内看板です

礎石建物想像図です 堀切です

曲輪です 畝状竪堀です

土塁です 虎口です

ホーム  バック