肥    田    城    

【城址碑】
別   名
所 在 地滋賀県彦根市肥田町
築城年月大永年間(1521年〜28年)
築 城 者高野瀬隆重
主要城主蜂屋氏
城郭様式平城
遺   構

肥田城は高野瀬隆重によって築城され、三代秀澄の時永禄3年(1560年)に浅井氏と通じたため六角定頼・義賢の攻撃を受けた

永禄12年(1569年)織田信長に敗れ開城となり、天正2年(1574年)には蜂屋頼隆が入り、天正11年(1583年)には長谷川秀一が入ったが、文禄の役で朝鮮で病死したため慶長年間(1596年〜1615年)に廃城となった

考察・感想
公民館の所に城址碑が建っています。近くには土塁や堀も残っているようですが分かりませんでした
隣に高野瀬隆重が建立し、肥田氏の菩提寺となっている崇徳禅寺があります。資料館のようですが、ここの山門がなかなかいい雰囲気を出してます
駐車場
公民館の駐車場を借用
目標物
肥田公民館
崇徳禅寺山門です

ホーム  バック