千   利   休   屋   敷   

【屋敷跡】
別   名
所 在 地大阪府堺市宿院町西
築城年月
築 城 者
主要城主千利休
城郭様式屋敷
遺   構井戸・碑

千利休屋敷跡。豊臣秀吉に茶頭として仕えた茶人千利休の屋敷跡です

わび茶を大成させた利休は境の豪商・魚屋の長男として生まれた

織田信長、豊臣秀吉に茶頭として仕え、天正15年(1587年)10月には秀吉の北野大茶会として秀吉に次いで二番の席をもうけるなど天下一の茶人として茶器などにも種々工夫をこしらえ、わび・さびの境地をひらいた

天正19年(1591年)2月、秀吉の怒りをかい京都から追放され堺にて謹慎していたが、京都に呼び戻され10月28日尼子三郎左衛門らを検使として切腹させられた

考察・感想
周辺はフェンスに囲まれているため中には入れませんでした
井戸の中 見たかった
駐車場
目標物
JR「堺駅」
井戸跡です

ホーム  バック