正   法   寺   山   荘   

【中央土壇入口】
別   名
所 在 地三重県亀山市関町鷲山字構
築城年月永正年間(1504年〜21年)
築 城 者関盛貞
主要城主関氏
城郭様式
遺   構土塁、石垣、井戸

正法寺山荘は鈴鹿川が加太川と合流する標高150mの所に築かれました

京都大徳寺の末寺として羽黒城の跡に創建された

考察・感想
綺麗に整備されており、土塁などいろいろ残っています
駐車場
無料駐車場有
目標物  正法寺山荘地図
正法寺山荘
土塁と虎口です 僧坊跡の礎石です

中央土壇石垣です 中央土壇井戸です

ホーム  バック