長    島    城  

【説明看板】
別   名松箇島城
所 在 地三重県桑名市長島町
築城年月寛元3年(1245年)
築 城 者藤原道家
主要城主伊藤氏・増山氏
城郭様式平城
遺   構移築門・内堀

長島城は藤原道家がこの地に始めて造り、伊藤重晴が文明年間が再建した城です

元亀元年(1570年)一向宗願証寺は石山本願寺と呼応して伊藤氏の長島城を攻め滅ぼした

元亀、天正の頃一向一揆がこの城において織田信長と交戦し天正2年7月には3回目の交戦があり長島城に篭城した2万人は無残な最期を遂げた

考察・感想
城址には残念ながら何も遺構は残っていません。近くの蓮生寺には大手門が移築されている
駐車場
長島中学校に駐車場を借用(無料駐車場5台)
目標物  長島城地図
長島中学校
内堀です 蓮生寺に移築された長島城大手門です

花林院です。長島城主松平家の菩提寺です 光岳寺です。徳川家康の母伝通院の菩提所です

ホーム  バック