御    幸    城    

【櫓台】
別   名
所 在 地三重県津市河芸三行
築城年月元亀年間
築 城 者伊藤助重
主要城主伊藤氏
城郭様式丘城
遺   構櫓台

御幸城は標高30mほどの丘に築かれた城です

元亀2年の織田信長による伊勢攻めでは助重の子内臓之助重坊は信孝の幕下に属したが、翌年には領地を分部左京亮光嘉にゆずり神職となった

考察・感想
足場が悪い道を上がっていくと削定地が現れ、櫓台があります
駐車場
駐車スペース有
全景です

ホーム  バック