柏    原    城    

【城址碑】
別   名滝野城
所 在 地三重県名張市赤目町柏原字滝野下田
築城年月永禄年間(1558〜70年)
築 城 者滝野上野介貞清
主要城主滝野氏
城郭様式丘城
遺   構空堀・井戸

柏原城は伊賀の乱で最後の拠点として戦った城である

天正9年4万の織田軍は柏原城に総攻撃をかけたが、1600人が立て篭もる城兵はこれを防いだが、多勢に無勢で兵糧も尽きてしまったため10月28日織田軍の総大将北畠信雄に降伏し開城した

考察・感想
外側に二重の空堀とその外に堀切があるといわれているが整備されておらず途中から進軍不可で確認できなかった
途中沼地があるため注意して進軍してください
駐車場
無(路上駐車可能)
御滝女郎化粧井戸です 空堀です

ホーム  バック