淀    城   

【天守台石垣】
別   名
所 在 地京都府京都市伏見区本町
築城年月元和9年(1623年)
築 城 者松平定綱
主要城主松平氏・稲葉氏
城郭様式平城
遺   構天守台・堀・石垣

淀城は伏見城廃城に伴い桂川・宇治川・木津川の三川が合流する水陸の要所であるこの地に築城された

天守閣は当初伏見城を予定していたが、二条城の旧天守閣が移築されたため天守台が広過ぎ伏見城の殿舎、姫路城の櫓も寄せ集めて建てられた

寛永10年(1633年)国替えにより永井尚政が城主となりその後諸大名が次々と入城した

享保8年(1723年)5月、稲葉丹後正知が下総佐倉から淀に移り明治維新までの百数十年間稲葉氏の居城となった

考察・感想
淀駅のプラットホームから天守台の石垣が良く見えるという妙な位置に建っています
天守入口は施錠されており中に入る事は出来ませんが、柵越しに穴蔵の一部が見えます
駐車場
目標物  淀城地図
京阪電鉄淀駅
アクセス
京阪本線「淀駅」を下車直ぐ
天守台穴蔵です 城址碑です

右奥天守台です 右奥天守台です

南西の櫓台です 北西の櫓台です

本丸石垣です 縄張図です

ホーム  バック