洲   本   下   の   城    

【城址碑】
別   名洲本陣屋
所 在 地兵庫県洲本市山手1丁目
築城年月寛文8年(1631年)
築 城 者蜂須賀至鎮
主要城主稲田氏
城郭様式陣屋
遺   構石垣・堀・碑

元和元年(1615年)大阪の陣の功績により淡路が阿波の蜂須賀至鎮に与えられ、主席家老稲田氏が城代に命じられた

寛文8年(1631年)に三熊山の麓に由良の藩邸を廃して洲本府を開いた時に築城された

考察・感想
洲本城は三熊山の山頂にある城と麓にある下の城があります
城址碑とバックに写る石垣がなかなか良い雰囲気です
周辺には狸が一杯います
駐車場
淡路文化史料館
目標物  洲本下の城地図
淡路文化史料館
アクセス
洲本高速バスセンターから南に徒歩15分
石垣と水堀です 金天閣です。蜂須賀至鎮が三熊山北麓の洲本城内に建てた来賓館(現存)

稲田氏向屋敷跡です

ホーム  バック