篠    山    城    

【天守台】
別   名桐ヶ城
所 在 地兵庫県篠山市北新町
築城年月慶長14年(1609年)
築 城 者徳川家康
主要城主松平氏・青山氏
城郭様式平山城館
遺   構天守台・石垣・水堀

篠山城は徳川家康の命により松平(松井)康重が築城した城です

家康は普請総奉行に姫路城主池田輝政、縄張奉行には津城主藤堂高虎、松平重勝を目付役、玉虫勝茂・石川八左衛門・内藤金左衛門を普請奉行として監督させ山陽・山陰・南海の15ヶ国20諸侯に夫役させた

考察・感想
建物は現存していませんが、遺構はよく残ってます
国指定史跡で公園として整備も行き届いており、大書院が復元されてます
駐車場
専用駐車場有
目標物  篠山城地図
篠山城
三の丸と二の丸石垣・北廊下門です 櫓台と内堀です

表門です 中門です

鉄門です 埋門です

二の丸御殿です 二の丸御殿井戸です

本丸隅櫓です 本丸井戸です

二の丸石垣です 城址碑です

東門馬出と水堀です 南馬出です

高城屋敷門です 澤井家屋敷門です

ホーム  バック