小   林   家   屋   敷   

【屋敷門】
別   名
所 在 地兵庫県篠山市西新町
築城年月文化年間(1805年)頃
築 城 者小林氏
主要城主小林氏
城郭様式
遺   構屋敷門

茅葺入母造りで文化年間(1805年)頃篠山藩主青山下野忠裕が老女小林千衛のために改築した長屋門です

城の西堀の面して風光と展望し得る物見の間に見晴らし窓を設け南に曲がり家を取り付けた住宅兼用の長屋形式である

考察・感想
江戸時代の雰囲気が感じられますね。窓がなかなかいいです
駐車場
篠山城駐車場借用
目標物
篠山城
ホーム  バック