安    間    屋    敷    

【屋敷門】
別   名
所 在 地兵庫県篠山市西新町
築城年月不明
築 城 者安間氏
主要城主安間氏
城郭様式
遺   構屋敷

安間氏は篠山藩主青山氏の家臣で禄高は天保8年の記録によると「高12石3人扶持」と記載されており篠山藩の標準的な徒士住宅です

考察・感想
天保元年(1830年)の火災により大部分が焼失したといわれ現在残っているのは天保火災後に建てられてものとなる
玄関、座敷、台所、仏間、居間と続いている
駐車場
篠山城駐車場借用
目標物  安間屋敷地図
篠山城

ホーム  バック