垂    井    宿




【本 陣】


垂井宿の本陣は坪数178坪で玄関や門、上段の間を備えた広大なものであった

問屋です。代々一右衛門といい問屋、庄屋の要職を勤めた 脇本陣と高札場跡です。本龍寺でこの山門は脇本陣のものを移築した
亀丸屋です。垂井宿の旅籠で当時の姿を残して今も営業している 商家です。当時は油商売を営んでいた
日守の茶所です。岩手の美濃獅子門化月坊が中仙道関が原山中の芭蕉ゆかりの地に建てたものをこの地に移設 垂井の泉です

ホーム  バック