恵  林  寺


【拝 殿】

元徳2年(1330年)時の領主二階堂出羽守貞藤が創建し夢窓疎石を開山としている
永録7年(1564年)快川国師が信玄の招きの応じ恵林寺の住職となり以後武田家の菩提寺となった
天正10年(1582年)恵林寺は織田信長の焼き打ちにあった。この時の「「心頭滅却すれば、火も自ずから涼し」は有名である
住所 山梨県塩山市

武田不動尊・二童子象 武田信玄の墓

武田家臣供養塔 柳沢吉保夫妻の墓

ホーム  バック