遠  江  国  分  寺  


【 碑 】

天平13年(741年)全国に国分寺と国分尼寺を県建立するよう詔が出され、遠江国分寺が建立された
金堂を中心に七重塔・講堂・中門・回廊などを築地壁などで囲みその範囲は東西180m、南北250mの大きさであった
住所 静岡県磐田市

金堂・石段跡 塔跡

ホーム  バック