富 士 山 本 宮 浅 間 大 社 


【本 殿】

富士山本宮浅間大社は全国1300社ある浅間神社の総本宮である
第7代孝霊天皇の時代に富士山が噴火し国中が荒れ果て、その後11代垂仁天皇が富士山の神霊「浅間大神」を鎮めるために、垂仁天皇3年(紀元前27年)頃に富士山麓にて祀ったのが始まりといわれている
本殿は徳川家康の寄進によるものである
住所 静岡県富士宮市宮町

火山弾 富士山噴火の時地中の岩漿が火熱のため溶けて空中に吹き上げられて落下した際に酸化して冷却したもの 南極の石 第7次南極観測船ふじの乗務員により採取された

ホーム  バック