合  元  寺


【山 門】

合元寺は真っ赤に塗られた塀や建物から赤壁寺とも呼ばれている
天正17年4月黒田孝高が前領主宇都宮鎮房を計略で討ったさい討死した家臣の帰り血を隠すため赤く塗ったと伝えられている
住所 大分県中津市

真っ赤な塀

ホーム  バック