海  蔵  寺


【薩摩義士の墓】

薩摩義士の墓のあるお寺
宝暦3年(1753年)江戸幕府より薩摩藩に揖斐・長良・木曽三大河川の治水工事を命ぜられ、工事奉行平田靭負他藩士約950名と予算30万両で始められ約1年半の工期で完成したが、この間85名の犠牲者と多大な工事費を費やした
工事終了後大幅な予算超過と多数の藩士を失った責任を負い工事総奉行平田靭負は自刃した
住所 三重県桑名市北寺町10番地

ホーム  バック