い   ち   べ   神   社


【鳥居と聖石】

このいちべ神社は地元の漁師が海で漁難した時、龍が海上より立ち昇り漁師の生命をこの石に舞い降りたという言い伝えにより文政13年に建立された
ホテルマリテーム海幸園の中庭にあり、勝負の神様の宿る史上最強パワースポットと呼ばれている
天長2年(825年)空海が真言密教道場として中興した
御神体の聖石に手を当ててお願い事をすると叶えられる信じられている
連珠橋:連珠橋を堺に此岸(迷いの世界)と彼岸(悟りの世界)が表されている
本尊 矢負地地蔵尊:徳川5題将軍綱吉公の母桂昌院が寄進した
明星堂:伊勢神宮の鬼門除けの為の明星天子を祀り鎮座している
住所 三重県鳥羽市安楽島町1075−113 ホテルマリテーム海幸園内
聖石

ホーム  バック