金    閣    寺


【金 閣】

金閣寺。本当の名前は鹿苑寺といいお釈迦様の骨をまつった舎利殿金閣が有名なため金閣寺と呼ばれている
この地は鎌倉時代に西園寺公経の別荘があったが足利3代将軍義満が大変気に入り西園寺氏から譲り受け山荘北山殿を造った
義満の死後法号鹿苑院殿から2文字をとり鹿苑寺と名づけられた
住所 京都市北区金閣寺町1

銀河泉。義満がお茶の水に使ったと伝えられている 巌下水。義満が手を清めたと伝えられている

龍門の滝。鯉が滝を登ると龍になると言われる中国の故事登龍門に因んだ鯉魚石が置かれている 白蛇の塚

夕佳亭。江戸時代の茶人金森宗和が好んだ茶席で夕日に映える金閣が殊に佳いということから夕佳亭と名づけられた 貴人榻

ホーム  バック