安   国   論   寺


【本 堂】

安国論寺は山号を妙法華経寺、寺号を安国論寺といい、ご岩屋にちなんで安国論窟寺とも言われた
日蓮上人が境内山腹にある御洞窟で執権北条時頼に提出した「立正安国論」を書いた事で有名である
立正安国論を書いたという「御法窟」、文応元年(1260年)松葉ヶ谷法難の時に避難したという「南洞窟」がある
住所 神奈川県鎌倉市大町

御法窟 南洞窟

ホーム  バック