久    運    寺


【 碑 】

久運寺。応仁の乱の頃建てられたと言われている
寛文5年(1665年)幕府に献上するお茶壷道中の本陣となり、住職の玉葉は本陣の役目を引き受けたがすぐ断ってしまい、加納藩主はこの住職をやめさせてしまった
このお茶壷道中は「ずいずい ずっころばし・・」と歌でも知られているように大名行列より権威を持っていたという
住所 岐阜市加納天神町四丁目

お茶壷道中の碑

ホーム  バック