白   山   神   社


【光秀の墓】

光秀の母が出世を祈願した神様で、以来この白山神社は学問・出世の神様として多くの人々に崇められている
この白山神社の一角に明智光秀の墓がある。天正10年(1582年)山崎の合戦で羽柴秀吉に討たれ死んだのは光秀の影武者荒木山城守行信であった
光秀は荒木山城守の忠誠に深く感銘し荒木の「荒」と恩義を深く感じての「深」で荒深小五郎と名乗っていた
その後光秀は慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いの時東軍に味方せんと村を出発したが途中根尾村の薮川の洪水で馬と共に溺れ死んだため死骸を山城守の子吉兵衛が持ち帰りこの地に埋葬したという

光秀産湯の井戸 豪族中洞源左衛門の屋敷跡。光秀が生まれた所?といわれている

ホーム  バック