見   晴   台   遺   構


【集落跡】

見晴台は笠寺台地東南近くにあり、かつては海(年魚市潟)に面してした
台地上は全体が弥生時代〜古墳時代の集落跡で、鎌倉〜室町時代は隣接する笠寺観音の寺地として僧房か寺関係者の住居群があったと思われる
住所 名古屋市昭和区

高射砲の砲台跡

ホーム  バック