政    秀    寺


【 碑 】

政秀寺。瑞雲山と号し、臨海宗宗妙寺派
天文22年(1553年)織田信長が自分の素行不良を嘆いて諌死した平手政秀の菩提を弔うため小牧山の南、小木村に創建し沢彦和尚を開山とした
寺は天正12年(1584年)小牧・長久手のい戦いで焼失、その翌年清洲に再興され慶長15年(1610年)清洲越で現在地に移建された
住所 名古屋市中村区栄

ホーム  バック