大    樹    寺


【本 堂】

大樹寺は徳川氏の祖松平家の菩提寺として、松平4代親忠が文明7年(1475年)に創建した
永禄3年(1560年)5月徳川家康は桶狭間の戦いで今川義元が倒れ、大高城から大樹寺に逃れ先祖の墓前で自害しようとした
この時の住職登誉上人から「厭離穢土 欣求浄土」(戦国乱世の世を住みよい浄土にするのがお前の役目である)とさとされ、以来家康はこの八文字を終生の座右銘とした
ここには松平初代親氏から8代までと家康の墓がある
多宝塔。天文4年(1535年)松平清康の建立
住所 愛知県岡崎市鴨田町広元

松平八代墓 家康公の墓

廣忠公の墓(家康の父) 多宝塔

山門 鐘楼

ホーム  バック