山    内    屋    敷    

【 碑 】
別   名山内一豊生誕地
所 在 地愛知県岩倉市下本町下市場
築城年月不明
築 城 者山内氏
主要城主山内氏
城郭様式屋敷
遺   構

神明生田神社内にある山内一豊誕生地です。山内一豊は天文14年(1545年)岩倉城家老山内但馬守盛豊の二男としてこの地に生まれた。父盛豊は岩倉城落城のとき戦死し一豊は家臣五藤浄基が供で母や弟妹と共に刈安賀の城主浅井新八郎政高に身を寄せ、しばらくして牧村政倫・山岡景隆に仕え永録10年織田信長に仕える

天正12年には長浜で5千石の領主となり天正18年遠州掛川6万石の領主となった。秀吉の死後家康に味方し慶長5年四国土佐で20万2千6百石の領主となり高地城を築城した。山内一豊より良妻賢母の代表として奥さんの方が有名ですね

考察・感想
山内一豊の生誕地はここ岩倉と木曽川町にもあります。どちらも碑が建っていますが果たしてどちらが本当だろうか?
駐車場
目標物
生田神社
ホーム  バック