田    幡    城    

【城址碑】
別   名狩宿城
所 在 地愛知県名古屋市北区金城町
築城年月天文年間(1532年〜1555年)
築 城 者越智信高
主要城主林氏
城郭様式平城
遺   構城址碑

田幡城は信高の子林弥助の時代に城を拡張し、狩宿村まで及んだため狩宿城とも言われている

林弥助の子が織田家の家老である林信勝である

稲生原の戦い後廃城となった

考察・感想
金城小学校が城址となっていますが、現在遺構は林泉寺跡の碑に田幡城跡を刻まれているだけです
行った時は工事中で碑の周りはバリケードが張り巡らされており、隙間からの撮影となってしまった 
駐車場
目標物
御剣小学校
アクセス
名古屋市営地下鉄名城線「黒川」で降り1番出口に行きます
城見通を西に進み交差点「城見通3」を右折すると左側にあります
清正橋の石です

ホーム  バック