末    森    城    

【城址碑】
別   名末盛城
所 在 地名古屋市千種区田代町城山
築城年月天文17年(1548年)
築 城 者織田信秀
主要城主織田氏
城郭様式平山城
遺   構城址碑・堀

末森城は標高43mの丘に築かれ本丸規模東西43m×南北43mです

信長の父信秀が築城し古渡城から移り守山城を守る弟信光と連携し三河の今川方への備えとした

信秀の死後三男信行が城主となったが兄信長に代わって家督を継ごうと画策したため弘治3年(1557年)清州城で殺害され末森城は廃城となった

考察・感想
町中にある割には遺構が残っていた
周りは車の騒音でやかましいのだがここはなにか静けさがあり野鳥の保護区となっている
駐車場
有(1時間以内無料)
目標物
城山八幡宮
アクセス
地下鉄東山線「覚王山」2番出口を降り左折します
「末盛通り2」の信号を過ぎ最初の道を左折すると前方に森が見えますのでそれを目印に進むと城山八幡宮があり、その中にあります
城山八幡宮入口です 城山八幡宮入口にある看板です

本丸跡です 案内図です

空堀です 二の丸跡です。昭和3年に昭和塾堂が建てられ現在愛知学院大学大学院があります

城山八幡宮です 連理木です。地上3mの所から2つに分かれ6mの所で再び1本になり枝を出している。縁結びの木となっています

ホーム  バック