守    山    城    

【城址碑】
別   名
所 在 地愛知県名古屋市守山区守山
築城年月不明
築 城 者
主要城主
城郭様式平山城
遺   構城址碑

守山城は東西58m、南北52mで一重の堀があった

この城は有名な「守山崩れ」があった城です

天文4年(1535年)徳川家康の祖母松平清康が大軍を率いてこの地に布陣、尾張攻略を図ったが誤って家臣の阿部弥七郎に殺され松平勢は総崩れとなり岡崎へ引き揚げた

この守山崩れのあと、この城は織田信秀に属したが、永禄3年(1560年)桶狭間の戦い後廃城となった

考察・感想
宝勝寺の裏山が城址となっており、結構深い堀が残ってます。写真ではなかなか分かりませんね
駐車場
路上駐車
目標物
宝勝寺
本丸です 堀です

ホーム  バック