沓    掛    城    

【城址碑】
別   名
所 在 地愛知県豊明市沓掛
築城年月正中2年(1325年)
築 城 者近藤宗光
主要城主近藤氏・川口氏
城郭様式平山城
遺   構土塁・堀・曲輪

沓掛城は初代近藤宗光から近藤氏の居城となり、9代景春のとき桶狭間の戦いに今川義元に味方して永禄3年(1560年)5月21日戦死した

その後は織田越中守、川口久助が城主となったが、関が原の戦いのとき西軍に付き捕らわれの身となり廃城となった

考察・感想
城址は綺麗な公園となっています
諏訪曲輪がなかなかよい雰囲気が残ってます
駐車場
沓掛城址公園無料駐車場(10台)
目標物
沓掛城址公園
堀です 土塁です

井戸です 諏訪曲輪です

二の丸です 侍屋敷跡です

ホーム  バック