小    林    城    

【城 址】
別   名
所 在 地愛知県名古屋市中区大須
築城年月天文17年(1548年)
築 城 者牧長義
主要城主牧長義・牧長清
城郭様式平城
遺   構なし

小林城は天文17年(1548年)織田信秀が末森城へ移った時、守山の川村城主であった牧長義も移りここに城を築いた

天文年間(1532〜1555年)、尾張の守護斯波氏の一族である牧長清が前津4千石を領有し、2代23年間にわたって居城した所である

長清は信長の妹おとく(お市の姉)と結婚したが、この夫人を親しみをこめて「小林殿」と呼ばれた

長清はその後仏門に帰依し、廃城となった

考察・感想
徳寿山無量院清浄寺(矢場地蔵)境内が城跡である
説明看板は有ったが城址碑ぐらい建てて欲しかった
駐車場
なし
目標物
矢場地蔵
アクセス
地下鉄鶴舞線・名城線上前津駅から北へ進むと左側に矢場地蔵がでてくる
清浄寺(小林城跡)東参道入口です

ホーム  バック