鳶  ヶ  巣  山  砦  

【砦 跡】
別   名
所 在 地愛知県新城市鳶ケ巣山
築城年月天正3年(1575年)
築 城 者武田勝頼
主要城主武田信実
城郭様式
遺   構看板

鳶ヶ巣山砦は長篠の戦いで武田郡が長篠城包囲網の一貫としてここ鳶ヶ巣を主軸に5陣地を築き久間山には浪合民部、中山には縄無理之助・五味与惣兵衛、姥ヶ懐には三枝勘解由兄弟、君が臥床には和田兵部で守っていた

5月20日の夜、徳川方の武田忠次が4千の兵と5百の鉄砲隊を率い松山峠を越え背後を突く奇襲作戦に出た

激闘の末信実は戦死し、5陣地は壊滅した

考察・感想
ここから長篠城が良く見えます。勝頼がここに砦を築いた理由が良く分かります
麓からの道は非常に狭く、運転に自信のない方は麓に車を置かれるのがいいかと思います
駐車場
無料駐車場(5台)
目標物
長篠城
ホーム  バック